私たちは何に対して怯えているんだろう?

自分の意見に真っ向から反論してみました。

日本のコロナ対策の現状、今後の見通し、対策などを自分なりに調べたコトを書きます。 2月頭ぐらいから患者さんには情報提供をはじめ...
事実だとしたら、今までの新コロ対策、治療、予防、未来予測を根底から覆すことにもなります。 先日の記事とあわせてお読みいただいて、 ...

みなさんも、少し外の風に当たって、周りの景色を見て、自分の考えを疑ってみてください。

テレビだけではなく、ネットもみてください。

日本のニュースだけではなく、海外のニュースもみてください。

昔のデータも調べてください。

人の話を聞くだけではなく、自分で確かめてみてください。

あなたの手元にある、その小さなスマホで古今東西、様々な情報にアクセスできます。

あなたの目はなんのためにあるのですか?
あなたの頭はなんのためにあるのですか?

どうせ暇なんだから、テレビばかりみて、SNSばかりしてないで、積極的に調べてみるとおもしろいですよ(笑)

3.11のとき、あなたはなにをしていましたか?

東日本大震災
死者は1万5899人、重軽傷者は6157人、行方不明者は2529人
(2019年12月10日時点 警察庁発表)

日本国内で起きた自然災害で死者・行方不明者の合計が1万人を超えたのは戦後初めて。

避難所などで日々弱って、震災関連死も3739人といわれてます。

2万人以上の人間が世の中から消えた中、あなたは何をしていたでしょう?

被災をしてない人は、普通にご飯を食べ、仕事に行き、娯楽を楽しみ、旅行に行き、まるで映画を観るように連日流されるニュースをみていたはずです。

良い悪いとか低レベルな議論ではありません。責めているわけでもありません。

今の私たちの社会は、何に対して怯えているんだろう?

WHOによる2016年の死亡原因の内訳です。
新型コロナも4月23日時点の死者数も加えています。

Death cause 2016b

心臓血液病というのは、主に、心臓疾患と、脳卒中などの脳疾患です。

データをみると、

「今の私たちの社会は、何に対して怯えているんだろう?」

そう思わせるような奇妙な状態であることがわかります。

見殺しにするのか、、、というか、そんなことしなくても亡くなっているのです。

【新説】新型コロナの流行は《何もしなくても》70日で収束に向かう

スクリーンショット 2020 04 26 14 10 12

「ロックダウンをしようがしまいが、それとは関係なく新型コロナウイルスは70日間で収束する」という論文が、イスラエルの著名な数学者で、テルアビブ大学サイバーセンターの責任者でもある教授によって発表されました。

この論文は、イスラエルの著名な数学者であり、イスラエル宇宙庁の会長であるアイザック・ベン・イスラエル(Isaac Ben-Israel)教授によって発表された。

ベン・イスラエル教授の簡単な統計分析は、COVID-19 の広がりが約 40日後にピークに達し、70日後にほぼゼロに低下することを主張している。これは各国の政府が、感染拡大を阻止しようと強制的な対策を取っても取らなくても結果は同じだという。

中国に続いて、早い感染拡大が発生した国としては、おおむね、

・シンガポール
・韓国
・香港
・台湾

これは封じ込め作戦が成功したのではなく、時間経過とともに自然に収束したという見方です。

アイザック・ベン・イスラエル教授の統計が正しければ、日本でも5月10日くらいまでには感染者は減少に転じ、6月までには新たな感染者は出なくなると思われます。

もし、感染者が減少したとして、自粛は正しかった、というのを鵜呑みにはできません。

4/25現在テレビではまだまだ横ばい、減少が少ないという意見もありますが、減ってますよ?

スクリーンショット 2020 04 26 16 29 54

まとめ

ダライ・ラマ法王は本日新型コロナウイルス感染症の拡大に関して、みなさまにメッセージを発信されました。さっそくチベット語原文からの翻訳(草案)を作成しましたので、紹介させていただきます。 現在世界各地で感染症拡大の危機に直面せざるを得ないという緊急事態が続いてます。また同時に地球全体は、急激な気温上昇等をはじめとする様々...
スポンサーリンク

フォローする