【閲覧注意】洗濯機の分解クリーニングを依頼した記録(超オススメ! )

555

ご覧の通りですわ(笑)

お食事中のみなさん失礼します。 とっても大切な話なので記録します。

三菱電機の乾燥機能付き洗濯機を使って9年。そろそろ10年か?みたいな。

世の中には分解クリーニングというサービスがあることを知って依頼してみた話。

結論・洗濯槽クリーナーは効かない

洗濯槽クリーナーみたいなのは、ほぼ有名なのはすべて使ってみました。

・シャボン玉石けん 酸素系漂白剤
・洗たく槽カビキラー
・洗たく槽ハイター
・Panasonic 洗濯槽クリーナー N-W1

1年に1回ぐらい?は掃除してみたけど、湿気の多い時期は臭うみたい・・・

くらしのマーケットで探す

スクリーンショット 2016 04 06 10 54 33

洗濯機の分解クリーニング探しは、エアコンクリーニングや、不用品回収、引越しなどのサービス予約サイト『くらしのマーケット』を使ってみました。

・提示金額があって、明瞭会計。
・もし家電が壊れた場合などは、最大10万円を保証。
・口コミや訪問エリアで最適な業者さんを探せる。

比較検討して、乾燥機能付きも対応可能なアースクリーンさんに決定しました。

くらしのマーケット内のメッセージでやり取りして、

・使用年数 〇年
・洗濯機の容量 〇㎏
・メーカー ・乾燥機能付きの有無
・駐車スペースの有無

を返答。

基本は8000円
・容量7キロ以上
・乾燥機能付き
各2000円、計4000円の追加で料金は12000円。

これに駐車場料金がプラス900円でした。

分解クリーニングの実力

『ネジが錆びていたり、固まっていたら、分解できないので、そのときはその状態でクリーニングします』とのことで、サクサクとばらしはじめました。

洗濯機は構造的には単純なのでやろうと思えば分解できますし、そういう説明サイトもあります。

底の回転するところが負荷がかかるので、特殊なナットでガッチリ止まっているんですよね。 これを専用の工具で一発。工具買ったり、分解の手間を考えるとプロに頼んだ方が早いです。

『無事に分解できました〜』

D750 0404 32451

マヂか・・・

D750 0404 32450

ネットの映像でみたことある光景が

D750 0404 32452

外側もビッシリ

D750 0404 32453

ゴミ取りエリアもドロドロ

D750 0404 32454

洗濯槽最下部が地獄の底のように

D750 0404 32455

裏側も目も当てられない状況に

そして、平和が訪れた

『終わりました!』 D750 0404 32456

我が人生に曇りなしつー感じで

D750 0404 32457

感動ってこのことだったのかと

D750 0404 32458

ドロのようなゴミ取りエリアもピカピカ

D750 0404 32462

底もピッカピカ

D750 0404 32463

最下層もピッカピカ

来訪〜分解〜清掃〜組み立てまで2時間ちょい。

脱衣所にブルーシートで、お風呂場を使って清掃してましたが、後片付けもキッチリとやって、お風呂場も汚れてませんでした。

プロの仕事ぶりに脱帽。

日頃は使ったらフタを開けて(風乾燥機能があったら空で回しておく)おいて、分解クリーニングは3年に1度ぐらいがいいみたいですね。

困ったときは、プロに依頼するべし

改めて思ったのは、困る、という状況は自分の力、知識、経験ではなんとかならないコトなので困るわけです。

一人でうんうん調べていても解決はほど遠い。サッサと諦めて(明らかに認めて)、人に頼む。

今時は、情報もモノも溢れているので、やる気さえあれば、なんとかできてしまう時代。 分解クリーニングだって、やり方や工具も手に入ります。 それを自分でやって、クリアしたら、それはそれで経験値がアップして、成長するかも知れません。

時間だけは有限なんですわ。

なんでもかんでもゼロベースからやっていたら、あっという間に時間が過ぎてしまう。

『それは自分がやるべきコトなのか?』っていうのがポイント。

わたしもよく患者さんに言うんですが、餅は餅屋、その道のプロがいるから、その人に任せてしまう。原因はナニ? 解決法は? 試してみる。そんなことしている間に、プロだったら数分で解決できることで、ドンドン時間だけが過ぎてしまう。

自分が得意なこと、やりたいコト、好きなことだけをしていくような状況にしていくと、自分が得意な経験だけが高まって、突き抜けて、仕事になったりもしちゃって、それで一生食いっぱぐれなしになったりするわけ。デメリットは自分が好きなこと以外はなにもできない(笑) その道のプロってそういうものです。

問題は、困ったときに誰に依頼するか?

これは最初は失敗も多い。

それでも自分しかできないコト以外は人に任せるようにしていくと、業種問わず、モノやサービス、人を見抜く目が育ちます。これは感覚なので、経験を積むしかなくて、これっていう方法論がない。みただけで、あ〜探していたのはこれこれってなるわけです。

逆に自分でなんでもやってしまうタイプは、平均して経験値は高まるけど、突き抜けないので、常に困ることが消えにくい。重荷を一人で背負ってしまう。

どっちが良い悪いじゃないけど、困ったときはお互い様。

人に頼ってしまうのが、本当に自分がしたいことだけに集中できます。

自分が得意なことを磨いて、自分が不得意なことは人に頼む。

人が不得意なことで、自分が得意なことはやる。

そうやってグルグル回していくと、困ることは少なくなってきますよねって話です。

スポンサーリンク

フォローする