その41 足半の進捗状況

亀のような歩みですが、一歩ずつ確実に製品化に向けて進んでいます。まぁ普段の仕事をしながらなので、確実に遅い(笑)

☆現在の問題点

まず、古式に則ってゴム底なしで考えてみる。

耐久性が悪い。1ヶ月も使うとぺちゃんこになる(12mm→7mmぐらい)。

素材を竹皮にしたのは、原価が安定しており、履いていて気持ちよく、藁ほどクズが出にくく、耐久性も藁より上。

潰れの原因は縦芯にある。
縦芯には【藁】を使っていますが、これが結構潰れる。

ある程度の量を作るとき、現在はナイロンひもを使っているということで、それで試作もしてみましたが、さらに潰れる(笑)

潰れに関しては、麻縄を使うなどで、カバーできそうだけど。。。

あとは滑りやすい。

これは足の問題で、しっかりとしてくれば問題ないけど、それまでが危ない。

あとアンケートで気がついたのが、髪の毛が絡みやすい。

古式通りの物だと、いろいろ問題がある。
しかも、どうやっても、販売価格は1500円を超える。

元々、自分で作って、使い捨て感覚の日用品なので、ある程度のクオリティを保ちつつのバランスがむずかしい。

うーむ、しばし頓挫。
そこで、ゴム底の【極】を徹底的に履いてみることに。

最初は『厚すぎかな?』と思っていた違和感が、潰れるおかげでドンドンなくなっていく。

をを〜、みえてきた〜

最初の痛みを軽減させるために、プレスしてもいいですね。

残っている問題は形。もう少し三角にできないか?

さて、問題と改善はかなり整理できたので、来週の水曜に現地に飛んできます。

おたのしみに!!

スポンサーリンク

フォローする