旧かたこり。ブログ

移転しました⇒ http://kori.to/column/

スポンサード リンク

こんてんつ

ぷろふぃ?る

松田かたこり。

職業:ガテン系

松田かたこり。

忍者見習い(整体師)です。
いつか魔法使いにクラスチェンジしたいですが、経験値が全然足りませんヽ(´Д`)ノ

へなちょこ写真愛好家でもある。

ボディはEOS Kiss X2

☆所有レンズ
EF-S10-22mm
EF-S15-85mm
EF-S18-55mm
EF-S55-250mm
EF28mm F1.8 USM
EF50mm F1.8II
Carl Zeiss Flektogon 35mm F2.4
AT-X107 DX Fisheye 10-17mm

GF1+LUMIX G 20mm/F1.7

ファンレターはこちらに。

1日1回ポチッとな↓

にほんブログ村 健康ブログ 整体へ

Follow kata_kori on Twitter

カテゴリー

タグリスト

ケータイサイト

2011年09月26日(月)

【読書】アトピーは自然からのメッセージ

砂糖はとらない。
パンはあくまでおやつ。
主食は玄米。濃いめの味噌汁と塩味を効かせたおかずに、古漬けや梅干しを毎日少しずついただく。
『塩味を効かせると、のどが渇く』というのはよく噛んでいない証拠。


【絶対に食べてはいけないもの】
1.化学合成されたものが混入された食品
2.農薬や化学肥料が少しでもかかっている野菜・穀類
3.養殖された肉類、牛乳、卵
4.養殖された魚介類
5.いっさいの砂糖類、糖分のあるもの


【食事のしかた】
1.1日2食にする(昼10-12時と夜17-19時)
2.体質改善のために断食をする(千島学説・腸管造血説を支持している)
3.玄米自然食にする(欠点は酸性食品。ゴマ塩をかけて食べるとよい)
4.全体食にする(大根も葉も根も食べる)
5.塩味を効かせる(自然塩)
6.陰陽と身土不二(しんどふじ・人間が足で歩ける身近なところ(三里四方、四里四方)で育ったものを食べ、生活するのがよいとする考え方)を知り、旬のものを食べる




現代人は、あまりにも他力本願が身につきすぎています。お金を出せば、すぐに簡単な食べ物が手に入るように、身体を壊せば、医者がすべて治してくれるという考えが浸透しているのです。その結果、病院通いしたあげく、私を訪ねてくる人がほとんどです。白衣を着た権威ある人と、クワを持った百姓とでは、どちらを信じていいのかという迷いがあって当然です。ただ、医者に行くにしても、私のところへ訪ねてくるにしても、ハッキリしていることが一つあります。


アトピーを治すのは、医者でもなく私でもなく、あなた自身だということです。


「誰かが治してくれるだろう」ではなく、なぜ、こんことになるのか、アトピーとはなんなのか、自分自分で考え、決めることが大切です。自分で決め、その自分の決断を引き受けてこそ、初めてアトピーと向かい合うことができるのです。


----
本書の半分は野菜を使った料理レシピになっている。

アトピーの食餌療法だけではなく、普通にどんなことにも対応できるでしょうな。
アレルギー、糖尿病、肥満・・・現代病の多くによいと感じました。


100年前の食事に戻ればいいだけ、というメッセージも頷ける。

食事は娯楽になりつつありますが、それもたいがいにした方がいいということですな。

食べたもので身体は作られるわけですから・・・


放射能対策(放射性物質の排泄)にも、本書はいいと思う。

長崎原爆/爆心地から1,8kmで被曝、居続けながらも原爆症を発症しなかった秋月医師たちの体験にも通じる内容。
http://kata39.com/index.php?ID=2331



とはいっても、行き過ぎた食事に対するこだわりは宗教化しやすく、楽しみながら、食事が出来るといいな、と思いました。


とりあえず味噌汁は毎日飲もう(笑)


最近きている小学生に聞くと、味噌汁は毎日は飲まないらしい・・・食卓に出ないからだという・・・お母さん、がんばって!


記事リンク

渋谷の整体(代々木上原駅 徒歩3分)かたこり整体院

ページのトップへ ページのトップへ


本日 昨日

9

2011


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログ記事・検索

最近の記事(一覧)

しゃしん(写真一覧)

お休み満喫

お休み満喫

幡ヶ谷・れんげ食堂

幡ヶ谷・れんげ食堂

今日は定休日

今日は定休日

リンク集

[ 整体・セラピスト仲間 ]

[ よく行くBlog ]

RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2004-2012 Katakori-Seitaiin All rights reserved.